身近なモノから考えるサステナビリティの取り組み

一般家庭での知名度はまだまだ低いFSC®森林認証制度。
当社は2007年に資格を取得しておりまして、今回はFSC®認証について深掘りしてみたいと思います。
(※2022年度の案件取り扱い実績=170件)
 
<FSC®認証とは>
FSC®(Forest Stewardship Council)認証とは、持続可能な森林管理を推進するための国際的な認証制度のことです。
その認証のためには森林の保護や生物多様性の維持、地域社会の福祉など、さまざまな基準を満たすことが必要となります。
森林は私たちにとって木材や紙製品などの資源となる、非常に大切な存在。
森林が不適切に扱われる事で野生生物の生息地が破壊されたり、また大きな気候変動へつなげないためにも、野生動物の生息地を保護しながら木材収穫時に新しい木を植えたりすることで持続可能な森林管理を目指していきます。
FSC®認証を受けた森林というのは、これらの取り組みがしっかり行われていることを証明しているのです。



 
普段の生活の中で大人はもちろん、小さなお子さんもFSC認証マークは簡単に見つけることができます。
実はお家や学校の机や椅子、本やノートなど、身の回りの製品をよく見ると、多くのFSC®認証のマークがついていることにお気付きでしょうか。
マークがついている製品を選ぶこと、それは森林の保護や持続可能な資源利用に貢献していることになるのです。
FSC®認証は私たちが森林を大切にするための大きな取り組みの一つ。
と同時に、地域社会の福祉や労働者の権利の尊重など、FSC®認証は社会的な側面にも配慮されています。
小さな行動が地球環境を守るために役立っているはずなので、ぜひFSC®認証マークを探してみてください。
 
最近ではティッシュの箱やお菓子類等のパッケージなど、私たちが日常的に買っている製品にも印刷されています。
先日、私事ではあるのですが、私の娘が大好きな有名コーヒーショップのテイクアウトバッグにもひょっこり印刷されてあったので、マークを見つけて嬉しくなった事を覚えています。
皆さんもお手持ちの製品・パッケージ類に目を向けてみると、サステナブルを身近に感じることができるかもしれません。
買い物の際などFSC®認証マークを基準に選ぶことで、身の回りにサステナブルを増やしてみるのはいかがでしょう。

※弊社で制作させていただいたパンフレット


また、当社ではFSC®認証紙を使った環境に配慮した「紙製ファイル」の取り扱いを行っています。
紙製ファイルは名前の通り、「紙」でできており従来のプラスチック製クリアファイルから切り替えることで廃プラスチック対策になり環境維持に貢献することができるのです。

中身が透けにくいので取り扱いに注意が必要な書類も収納でき、紙製なのでメッセージの書き込みやプリンターによる印刷に加え、スタンプや判子などの押印も可能です。さらに紙製なので資源ごみとしてリサイクルに出すことができます。


当社ではFSC®認証紙対応の「全面不透明」と非対応の「片面半透明」の2種類をご用意しております。

身近なプラスチック製クリアファイルを環境に配慮した「紙製ファイル」に置き換えることであなたにもできる「脱プラスチック」をはじめてみませんか。


荒瀬和哉 サステナビリティLabメンバー
荒瀬和哉 サステナビリティLabメンバー
株式会社アイプラネット ドキュメント事業本部制作G兼 サステナビリティLab環境制作物プロデューサー

サステナビリティ推進でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

サステナビリティに関する情報を
定期的にお送りします

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧